骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門周囲ヘルペス

・ウィルスの感染で起こる。性行為で感染することが多い。
・初発例と再発例では症状の強さに違いがある。
・症状に応じて、治療方法を選択する。


肛門周囲ヘルペス (原因)

ウィルスの感染で起こる。
性行為で感染することが多い。

体力低下や免疫力低下に伴い発症することが多い。


(症状)

小さな水疱や潰瘍ができる。
ひりひりした痛みを伴う。


(治療)

治療方針は初発例と再発例で異なる。

・初発例
ウィルスに感染してから、3〜10日くらいで発症する。
痛みが強い。
発熱やそけいリンパ節の腫脹を伴うことも多い。

抗ヘルペス薬の内服を行う。

・再発例
体内に潜んでいるウィルスが、体力低下や免疫力低下にともなって増殖し発症する。
症状は軽度のことが多い。

抗ヘルペス軟膏を使用する。






(解説)

「ヘルペス」という病気のことを聞いたことがある方は多いと思います。
このヘルペスが肛門周囲に出現する状態を、肛門周囲ヘルペスといいます。

ヘルペスが性器にできた場合には、泌尿器科や婦人科で治療が行われます。
一方ヘルペスが肛門にできた場合には、「肛門が痛い」と訴えて肛門科を受診されるわけです。

これはウィルスの感染によって起こる病気であり、肛門周囲ヘルペスの多くは性行為で感染すると考えられています。


肛門周囲ヘルペスは他の部位のヘルペスと同じく、「初発例」と「再発例」というふたつの発症パターンが存在します。

「初発例」では強い痛みや発熱、そけいリンパ節(足のつけねのグリグリ)の腫れなどが出現し、かなりの苦痛を伴います。
この場合抗ウィルス薬の内服で治療を行います。

「再発例」とは以前から体内にひそんでいたウィルスがストレス等のきっかけによって発症するもので、初発例とくらべると症状はそれほど強くありません。
この場合には、通常抗ウィルスの軟膏だけで改善します。