骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸内視鏡検査ではどうしても下剤を飲まなければダメ?



大腸内視鏡検査を受ける際には、下剤を飲んで腸をからっぽにしておく必要があります。

きれいな腸にして検査をおこなわないと、小さい病変が便にかくれるので見落としの可能性が出てきます。



大腸内視鏡検査を行う場合には、2リットルの下剤を飲んで腸をからっぽにしておく必要があります。
これは精度の高い検査を行うためには、どうしても必要なことです。

もっともよく使用されているタイプの下剤は、お世辞にも美味しい味とはいえません。
ただし決められたとおりの手順で飲んでいけば、けっこう飲めてしまうものです。

70代80代のおばあちゃんでも、ほとんどの方は2リットル全部飲めているので、それより若い方ではまず大丈夫と思います。


最近では、この「下剤の飲みにくさ」は徐々に改善されてきています。

味のよいタイプの下剤(グレープフルーツのような味)や、錠剤タイプの下剤(水と一緒に飲む)なども利用することができるようになってきていますので、通常の下剤がどうしても飲めない方であれば、スタッフに相談されるとよいと思います。



「大腸内視鏡検査について」の関連記事
大腸内視鏡検査はどうやるの?手順は?検査スケジュールどうしても下剤を飲まなければダメ?どれくらい時間がかかりますか?検査の日には、仕事は休んだ方がいいの?検査が終わったら運転してもいいの?大腸内視鏡検査は苦しくないの?楽な大腸内視鏡検査が受けたいです。どこに行けばいいの?大腸内視鏡検査の鎮静剤について