骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん
 全国最大級の大腸肛門科・骨盤底外科専門病院 辻仲病院柏の葉(柏市)



6 恐れ多くも展開してみる・・・よくわかる大腸肛門科会長流英語論



英語の習得は膨大な労力と時間がかかる。
投資の対象としてとらえるならば、その費用対効果は決して高いものではないと自分は思っている。

一時期英語の勉強に集中した経験上分かったことは、「英語だけで食べていこうとするのは、たいへんな労力を要する割に報われない」ということである。

これはちょっと考えてみればわかることだ。

たとえばアジアのどこかの国の方が日本に住んでいるとして、彼がそこそこ日本語をしゃべれたとしても、日本でよい職にありつくのは不可能だろう。
(白人なら英会話講師というオイシイ職があるから別かもしれないが)

これは日本人についても同じことが言える。
日本国内で通用する職業を持たずに、いくら英検1級やTOEIC900点と威張ってみても、アメリカに行って現地の人から見れば単なる「英語が下手でなにもできない東洋人」でしかない。
彼らが取得した難関資格が意味を持つのは、日本国内だけというのが現実だ。

かといって日本で英語の専門家としてやっていこうと思っても、そこには掃いて捨てるほどのライバルが存在する。

だから英語力「だけ」で世の中を渡っていこうとするのは、ほとんどの場合戦略ミスになるだろうと自分は思っている。

結局英語「だけ」が得意な人が日本で食べていくための良いポジションはあまり存在せず、「英語を教える仕事」に従事するとか、「英語屋」として社内の便利屋的存在に甘んじるくらいしかないことになる。

そしてその英語しかできない人が、万一にも商社マンや学者に英語力で後れを取るようであれば、その人の存在価値はなんなのだということにもなりかねない。

英語はノコギリやトンカチと同じツールに過ぎず、ノコギリやトンカチの使い方だけ上手になってもメシは食えないということだろう。


英語への投資が報われるのは、あくまでも「日本で食っていける専門的職業についている人」が、「英語を駆使してその仕事を外国人相手に展開する」というケースだけに限定されるというのが、多くの「日本で英語ができると思われている人」を観察して得た自分の結論である。

だから長年英語ばかり勉強して英検1級をとろうと思うくらいなら、その前に仕事を頑張ったり難関資格を取ったりして日本で食っていける能力を身につけてから英語を勉強した方が、「投資の回収」という意味では圧倒的に効率が良いと自分は思う。


もし自分の子供が「英語の専門家になりたい」と言ってきたら、「英語で食っていこうと考える前に、まず日本で食っていける専門的技術を身につけろ。その目処がたってから英語のことを考えればいい」と自分は子供にアドバイスするはずである。

そして語学留学など論外である。自分の子供が20代にもなって語学留学したいなどと言ってきたら、全力で阻止すると思う。

中高生くらいのときに一年休学して英語圏に留学するのであれば、それは人生にプラスの経験となのかもしれない。
でも20代半ばくらいになって無職で語学留学しても、まず報われることないということを自分は体験上知っている。

ロンドンに一ヶ月ほど滞在していた時、現地の語学学校に通っている若者を毎日のように見てきたが、彼らの多くは日本人同士でつるんで日本語で生活しているか、日本人相手のギフトショップやレストランで働いているのであった。

日本で何の職業能力も身につけないまま留学し、1〜2年後に中途半端な英語力しか身につけられなかった者が日本に帰ったとしても、彼らを採用しようと思う人事部長はいないだろう。

留学が本当に威力を発揮するのは、日本でバリバリ働いている人がTOP10のビジネススクールでMBAを取得するとか、それくらいに限定されるのではないだろうか?



1 私の勤務している大腸肛門科は、東京都心のど真ん中にある2 延々としゃべり続ける患者さん3 英語のリスニングで大事なこと4 延々としゃべり続ける患者さんのおかげで、英語のリスニングに開眼した5 よくわかる大腸肛門科会長流リスニング必殺技6 恐れ多くも展開してみる・・・よくわかる大腸肛門科会長流英語論7 私が勤務する大腸肛門科にはたびたび外国人が訪れる。でも・・・大丈夫。



よくわかる大腸肛門科委員会・会長の小部屋へ戻る