骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸ポリープ切除後の食事について



大腸ポリープを切除した方には、特殊なレトルト食をお出ししています。

その後も2週間くらいは、アルコールや刺激物を避ける必要があります。




大腸内視鏡検査で腸を観察しただけの方は、検査後の食事制限はありません。

いっぽう大腸ポリープ切除をおこなった方には、パック入りのレトルトの食事をお渡ししています。
この食事は食べても便にならないので、大腸を休めることができます。
食事は3食分お出ししますので、その期間内の食事はそれだけで我慢してもらう必要があります。

その後は通常の食事に戻してかまわないのですが、アルコールやからいものなどは出血の原因になるのでひかえるようにしてもらっています。

大腸ポリープ切除後の出血は、2週間くらい要注意です。
ですからその間は、刺激の強い食事は避けるようにしたほうが無難です。



「大腸ポリープ切除について」の関連記事
大腸ポリープは、どんなものでもすべて切除が必要ですか?大腸ポリープ切除は痛くない?大腸ポリープ切除後の食事について大腸ポリープ切除後の仕事・運動・旅行について大腸ポリープの日帰り切除について大腸ポリープ切除後のトラブルについて(腹痛、出血、穿孔など)