骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸ポリープは、どんなものでもすべて切除が必要ですか?



大腸ポリープは、すべて切除が必要というわけではありません。

「腺腫」というタイプのポリープは切除が必要です。
このタイプの大腸ポリープは、放置しておくと癌化するリスクがあることが知られています。

いっぽう、癌化することのない「過形成性ポリープ」などは、通常切除せずに経過を観察します。




大腸ポリープにはいろいろなタイプがあります。
このうち大腸ポリープの圧倒的多数は、「腺腫」と「過形成性ポリープ」という二種類のポリープで占められています。

このうち「腺腫」というタイプのポリープは、放置しておくと癌化する可能性があるので、切除が必要です。
良性の大腸ポリープの段階であれば、内視鏡で切除すれば確実に治すことが可能です(大腸ポリペクトミー)。

いっぽう、「過形成性ポリープ」は癌化しないタイプのポリープです。
直腸に米粒のような小さいポリープが多数見つかることがよくありますが、それは過形成性ポリープであることが大半です。
大腸内視鏡検査の時にこのようなポリープを見つけた場合には、通常切除せずに経過観察を行います。

この「腺腫」と「過形成性ポリープ」は、見ただけで区別がつくことが多いです。
ただ、どちらのタイプのポリープかまぎらわしい場合も時にあるので、この場合ポリープを切除して顕微鏡検査(病理検査)で診断をつけるようにしています。



「大腸ポリープ切除について」の関連記事
大腸ポリープは、どんなものでもすべて切除が必要ですか?大腸ポリープ切除は痛くない?大腸ポリープ切除後の食事について大腸ポリープ切除後の仕事・運動・旅行について大腸ポリープの日帰り切除について大腸ポリープ切除後のトラブルについて(腹痛、出血、穿孔など)