骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸ポリープ・大腸がん まとめ


大腸ポリープとは、大腸にできる「でっぱり」とか「イボ」のようなもののことをいいます。

もともと肉をたくさん食べる欧米人に多い病気だったのですが、最近の日本人も食生活が洋風化してきたため、大腸ポリープや大腸がんがかなり増えてきています。

通常、大腸ポリープは症状がありません。
大腸がんも症状がないことが多く、血便や便秘といった症状がある場合には、大腸がんがかなり進行している可能性が高くなります。
(参考:大腸ポリープ・大腸がんの症状

症状がないうちに発見されて治療された大腸がんと、血便や便秘などの症状がでてから発見された大腸がんでは、助かる可能性に大きな違いがあります。

ですから、大腸がんで命を落とさないためには、「症状が無くても定期的に大腸内視鏡検査を受けること」が重要となります。

大腸ポリープは大きく分けて、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープがあります。
このうち癌化する可能性があるのは腫瘍性ポリープであり、これを腺腫といいます。
腺腫がみつかったら、癌になる前に切除する必要があります。
(参考:大腸ポリープと大腸がんの関係

定期的に大腸内視鏡検査を受け、大腸ポリープを切除しておけば、大腸がんで命を落とす可能性をほとんどなくすことができます。

大腸ポリープを内視鏡で切除する方法を、大腸ポリペクトミーといいます。
大腸ポリープの形によっては、粘膜切除術という特殊なポリープの切除法を行うこともあります。

進行した大腸がんや、早期大腸がんでもリンパ節に転移している場合には、内視鏡で治すことはできません。
このような場合、手術が必要となります。



大腸ポリープ・大腸がんの関連記事
大腸ポリープ・大腸がん まとめ大腸がんで命を落とすのはもったいない!大腸ポリープとは?大腸ポリープ・大腸がんの原因大腸ポリープと大腸がんの関係大腸ポリープ・大腸がん:食事や生活との関係大腸ポリープ・大腸がんの症状大腸ポリープ切除(ポリペクトミー)平坦な大腸ポリープの切除(粘膜切除術)内視鏡で治せる大腸がんと治せない大腸がん大腸がんの手術大腸がんの腹腔鏡手術