骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸内視鏡検査はどれくらい時間がかかりますか?



観察するだけであれば、10〜15分くらいで終了します。
大腸ポリープ切除などの治療を行う場合には、20〜30分ほど要することもあります。



大腸内視鏡検査に要する時間は、観察するだけの場合には10〜15分くらいですみます。

大腸ポリープが見つかって同時に切除(大腸ポリペクトミー)する場合には、ポリープの数や大きさに応じて5〜15分ほど時間がプラスされるので、観察とあわせて20〜30分ほど要することもあります。

また、大腸内視鏡検査を受ける場合には、検査の前に下剤を飲んで大腸をからっぽにしておく必要があるので、そのための時間も必要となります。

くわしくは、「大腸内視鏡検査のスケジュール」を参考にしてください。



「大腸内視鏡検査について」の関連記事
大腸内視鏡検査はどうやるの?手順は?検査スケジュールどうしても下剤を飲まなければダメ?どれくらい時間がかかりますか?検査の日には、仕事は休んだ方がいいの?検査が終わったら運転してもいいの?大腸内視鏡検査は苦しくないの?楽な大腸内視鏡検査が受けたいです。どこに行けばいいの?大腸内視鏡検査の鎮静剤について