骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸がんの腹腔鏡手術



通常の大腸がんの手術では、腹部に20cmくらいの大きな傷ができます。
この傷が大きいと術後の痛みが強くなり、回復にも時間がかかって入院日数が長くなってしまうことになります。

近年、「腹腔鏡(ふくくうきょう)」というカメラを用いた手術が急速に普及してきています。

この方法はひとつの大きな傷で手術を行うのではなく、数ミリの小さい傷を3〜4箇所ほどつくってそこから細長いカメラやハサミなどを挿入して行います。切除した大腸を取り出すためにできる傷も4〜5cmくらいで済むので、通常の手術と比べると傷は非常に小さくてすみます。

この方法は体への負担が軽減され、入院期間の短縮も期待できるというメリットがあります。

ただし医療コストの問題や手術に要する時間やスタッフ育成の問題など、解決すべき課題も数多く残っています。



大腸ポリープ・大腸がんの関連記事
大腸ポリープ・大腸がん まとめ大腸がんで命を落とすのはもったいない!大腸ポリープとは?大腸ポリープ・大腸がんの原因大腸ポリープと大腸がんの関係大腸ポリープ・大腸がん:食事や生活との関係大腸ポリープ・大腸がんの症状大腸ポリープ切除(ポリペクトミー)平坦な大腸ポリープの切除(粘膜切除術)内視鏡で治せる大腸がんと治せない大腸がん大腸がんの手術大腸がんの腹腔鏡手術