直腸肛門の病気骨盤臓器脱大腸内視鏡検査プロフィール疑問を解決HOMEへ

最近、大腸の病気が急速に増加しています。
この大腸を調べるのに最善の方法は大腸内視鏡検査です。

大腸内視鏡検査はあらゆる大腸検査法の中で「もっとも精度が高く、同時に治療もできる」という
長所がある一方、医師の技術次第で苦痛に大きな差が生じるという短所があります。

ここでは”楽”で”痛くない”最先端の検査法である「無痛大腸内視鏡検査」(無送気軸保持短縮挿入法)
について解説を行います。



大腸の解剖・大腸の病気総論

大腸の解剖
大腸の病気は急増している
肛門からの出血(血便)は要注意


大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査とは
無痛大腸内視鏡検査(無送気軸保持短縮挿入法)について
大腸内視鏡検査:どういうときに必要か
大腸内視鏡検査の精度について
大腸内視鏡検査をうける間隔について
大腸の精密検査法の比較(大腸内視鏡検査 vs.注腸造影検査)


その他の大腸の検査法について(大腸内視鏡検査以外)

便潜血検査について
注腸造影検査
腫瘍マーカー
カプセル内視鏡
PET検査


大腸ポリープ・大腸がん

大腸ポリープ・大腸がん まとめ
大腸がんで命を落とすのはもったいない!

大腸ポリープとは?
大腸ポリープ・大腸がんの原因
大腸ポリープと大腸がんの関係
大腸ポリープ・大腸がん:食事や生活との関係
大腸ポリープ・大腸がんの症状
大腸ポリープ切除(ポリペクトミー)
平坦な大腸ポリープの切除(粘膜切除術)
内視鏡で治せる大腸がんと治せない大腸がん
大腸がんの手術
大腸がんの腹腔鏡手術