骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



クローン病の痔ろうについて

・クローン病の痔ろうを完治させることは困難。

・完治させられなくても、痛みや排膿といった苦痛を最小限することはできる。

・レミケードという薬の登場で、クローン病痔ろうの治療は大きく進歩している。




通常のタイプの痔ろうであれば、手術で全員治すことができる。

いっぽうクローン病の痔ろうは、全員を完全に治すことはむずかしい。
痛みや排膿といった苦痛を生活に支障ないレベルまで改善して維持するのが目標となる。


クローン病の痔ろうは、直腸の潰瘍からトンネルができて生じる。

通常の痔ろうと比べると複雑な形になることが多い。



トンネルを掃除して、不良肉芽(傷の治りを阻害するぶよぶよした物質)や膿をとりのぞいてきれいにする。


膿がたまらないように、掃除した部位に特殊なチューブを通しておく。

治りを促進するために、術後に「レミケード」という点滴を使うことがある。



チューブは当分のあいだ留置し、膿がふたたびたまらないようにする。

痔ろうのトンネルが浅くなって炎症がとれた場合には、チューブを抜くことができる。





(解説)

通常のタイプの痔ろうであれば、手術で全員治すことができます。
一方クローン病の痔ろうは、現在の医学では全員を完全に治すことは困難です。

クローン病の痔ろうは、通常の痔ろうとは治療の戦略が異なります。
クローン病を見落として通常の痔ろうの手術を行ってしまうと、傷がなかなか治らなかったり、術前よりひどい状態に陥ってしまうことがあるのです。

大腸肛門科の訓練を積んだ医師であれば、痔ろうの状態を見ただけでクローン病を合併しているかどうかはだいたい見当がつくのですが、最終的には大腸内視鏡検査などの腸の検査を行ってから診断をつけることになります。

痔ろうの術前に大腸内視鏡検査を行うのは、このクローン病の有無をチェックするのが大きな目的です。


クローン病は原因不明の病気であり、現時点の医学では治すことはできません。厚生労働省の「難病」に指定されています。
クローン病の治療は通常消化器内科で行うのですが、この痔ろうを併発した場合には肛門科の医師が治療を行います。

クローン病の痔ろうと判明したら、長期戦となる覚悟が必要です。

経過の良い人では痔ろうが完治することもあるのですが、完治できなくても痛みや排膿といった苦痛を生活に支障ないレベルまで改善して維持することで、肛門の苦痛を最小限にすることは可能です。

痔ろうのトンネルを掃除して、膿がたまらないようチューブを留置します。しばらくして炎症が落ち着いたところからチューブを順に抜いていきます。

以前はどうしても最後の一本か二本のチューブが抜けず、長期間置いておく必要があるケースが大多数でした。

これだけでも多くの人はかなり楽になり、喜んでいただいていたのですが、最近ではさらにレミケードという画期的な薬が出現しています。

術後にレミケードという点滴を何回か行うことで、傷の治りが非常に良好となり、うまくゆけばチューブがすべて抜けて痔ろうが完治するケースがかなり多くなってきているのです。

クローン病痔ろうの治療は、近年大きく進歩しています。



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について